コドモンが、災害時の緊急連絡システムとして「施設機能強化推進費加算」補助金の対象物品に認定されました(奈良市)

0
43 ビュー

この度、奈良県奈良市の私立保育園において、コドモンが災害時の緊急連絡システムとして「施設機能強化推進費加算※」補助金の対象物品に認められました。

※施設機能強化推進費加算とは

施設において、火災・地震等の災害時に備え職員等の防災教育および、災害発生時の安全かつ迅速な避難・誘導体制を充実する等の施設の総合的な防災対策を推進するためのもの。防災に備えた備品の調達に対して年間15万円までの補助が出る。

これにより同市内の私立保育園では、コドモンのアプリを使った保護者向けの緊急連絡機能をはじめとした各種機能を、本補助金を活用して導入いただくことが可能となります。

保育園における災害時の連絡手段

災害列島とも呼ばれる日本。

近年、多くの災害が発生しており、災害時の「安否確認」など、緊急連絡対策について、事前準備の大切さが指摘されています。

東日本大震災では、最大で平常時の5、60倍以上の通話が一時的に集中し、電話が非常につながりにくい状態が続きました。(総務省ホームページより)

そのため総務省は電話より比較的つながりやすいLINEやSNS等の活用を推奨していますが、現状として、全国の保育所の多くが旧来のNTTの災害用伝言ダイヤルや、電話連絡網を中心とした連絡手段しか整備されていないのが現状です。

保育園における災害時の主な連絡手段について①手紙・口頭・掲示板での事前連絡予測がある程度つく気象災害に対しては、前日または当日朝に、手紙・正門での掲示・口頭での会話などの手段を使った注意勧告

②電話や災害伝言用ダイヤルでの事後連絡災害直後には、電話やNTTの提供する災害用伝言ダイヤル(171)を使い、都度最新の状況を伝達。


しかしながら、これらの連絡手段には、「予測がつかない自然災害に迅速に対応できない」、「災害時の混乱状況の中では機能しづらい」、「災害直後の子供の安全、園の状態、周辺地域の状態など具体的な情報を伝達しづらい」などの問題があります。

コドモンを使ったスマートな災害時の緊急連絡

コドモンの機能を使えば、コドモンのアプリ上で保護者に一斉連絡ができるため、電話以外の連絡手段を確保することができます。さらに写真や動画を用いて情報を共有することで、保育者も保護者も災害時に正確な情報を受発信できるようになります。

また園児に関する情報がコドモン上に集約されていることで、緊急時にも情報を活用できます

災害時は園児の安全確保を最優先する必要があり、避難する際に園からすべての書類を持ち出すことは現実的に困難です。しかし、コドモンであればスマートフォンやタブレットがあればどこからでもアクセスすることができます。

コドモン上で園児データを一括管理しているため、家族情報やアレルギー情報、健康状態など緊急に必要な情報もすぐに引き出せ、災害時の混乱で発生する事故を未然に防ぐことができます

【災害時の活用例】


緊急連絡

   

保護者アンケート

保護者アンケート機能を使用して、安否確認をすることができます。

園児台帳

【お問い合わせ先】
 本件に関するお問い合わせは、下記までお願い申し上げます。

mail inquiry_codmon@spine-lab.co.jp
TEL 050-3184-1989(平日 9:00~19:00)

引き続きコドモンは利用者の皆様の業務負担を軽減できるように随時機能追加、
改善をしてまいります。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。