こども施設向けICTシステム「CoDMON(コドモン)」 導入施設数4,000を突破

0
0 ビュー

株式会社コドモン(本社:東京都港区、代表取締役:小池義則)は、当社が展開するこども施設向けICTシステム「CoDMON」(以下:コドモン)の導入施設数が、2019年11月27日(水曜日)に4,000施設を突破したことをお知らせいたします。 本サービスは2015年に正式リリースされ、2016年には約500、2017年には約1,500、2019年4月には全国約3,000以上の施設で順調に導入数を増やし、日本全国にある保育所等36,345園のうち約11%の施設で導入が実現しました。自治体は、全国15カ所※1で導入が決定しています。

※1 小松市、渋谷区、知多市、能美市、奄美市、金武町、港区、泉南郡田尻町、藤枝市、豊岡市、取手市、神戸市、富山市、府中市、島本町

コドモンが選ばれる理由

10月に行った利用調査アンケートでは、役に立っているとの回答が93.2%と圧倒的な現場職員からの支持を得ました。また、現場の声に徹底的に寄り添ったきめ細やかな機能改善や、4月リリース予定の保育ドキュメンテーションサービスなど新機能の追加等が評価され、姉妹施設への導入や紹介での導入が進んでいることも大きな要因です。

こども施設向けICTシステムで保育者の負担軽減へ

保育士の業務において手書きでの書類作成の事務作業は、負荷の高い業務であり、本来のこどもと向き合う時間、最終的には保育の質にも影響を及ぼしていました。しかしICT化することにより、大幅に効率化できる業務でもあります。保育ICT化は、「子育て安心プラン※2」の中でも保育士の業務負担軽減のための施策として推奨されており、全国の保育園でICTシステムの導入が進んでいます。

※2 子育て安心プラン
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/taikijido/pdf/plan1.pdf

現在全国に保育園は36,345園(厚生労働省発表資料「保育所等関連状況取りまとめ 平成31年4月1日」※3)あり、今後さらに多くの施設でコドモンが導入されることにより、保育業界の業務改善が加速し、保育士の確保だけでなく、保育の質向上にも十分な効果を発揮することが期待されます。

※3 保育所等関連状況取りまとめ(平成31年4月1日)」
https://www.mhlw.go.jp/content/11907000/000544879.pdf

お客様の声

https://www.codmon.com/i/case/

保育の質を上げながら離職率を下げるために業務を徹底改善
一度にやり方を覚えようとせずに、 毎日の「少しずつ」を積み重ねて
こどもと向き合う時間を増やすため、職員たちの働き方を良くするために
家庭との連携を深め、「共育」を支えるコドモンの連絡帳
もはやコドモンなしでは業務が行えない、圧倒的使いこなし術

メッセージ

取締役兼開発本部長 稲葉達也より

いつもコドモンをご利用いただきありがとうございます。
この「4000」という数字。コドモン社員一同の「こどもたちをお世話してくれる先生たちをもっと幸せにしたい」という気持ちを受け入れていただけている一つの結果として素直に嬉しく思っております。
一方で、コドモンという製品はまだまだ完成しておりません。我々問題解決のプロとして、エンジニアとして、これからも喜ばれる機能をどんどん搭載していかなくてはと身が引き締まる思いです。
現状に満足せず、これからもコドモンをどんどん便利にアップデートし続けてまいります。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

今後の展望

1, コドモンコネクト

コドモンコネクト
コドモンコネクト

競合ではなく協業で、一日も早い社会課題の解決を目的とし、オープンプラットフォーム化を進めています。コドモンコネクトは、各種APIを公開しており、様々なサービスベンダーと連携したサービス展開を目指しています。

コドモンコネクト例
コドモンコネクト例

2, toC Platform

協業を軸に、コドモンを利用する保護者ユーザーの「子育て負荷軽減」を目的としたサービス展開で、今後はtoC向けサービスの拡大、プラットフォームの構築を予定しています。

キャンペーン

コドモンでは、導入検討中の施設に向けてお得なキャンペーンを実施しています。

*小学校優待キャンペーン
*複数園同時申し込みキャンペーン
*小規模施設事業者向けキャンペーン
*自治体様向け実証実験プラン
*乗り換えキャンペーン

コドモンイメージ
コドモンイメージ

【株式会社コドモン 会社概要】

◆所在地:東京都港区三田3丁目1−4 Net1.三田ビル4F
◆資本金:68,250,000円
◆代表者:代表取締役 小池義則
◆事業内容:保育業務支援システムの開発・提供。2019年11月末時点で、全国約4,000施設、保育士約6万人が利用。全国15の自治体で導入。(ご参考:2019年度 特定地域型保育事業を含む全国保育所数は36,345園)
◆サービスHP:https://www.codmon.com/

【こども施設向けICTシステム「CoDMON」概要】

コドモンは、保育園や幼稚園で働く先生と保護者に対して、こどもたちと向き合うゆとりを持っていただくための各種支援ツールを提供するSaaS※1です。
施設向けの機能として、一元化された園児情報の上で成長記録や指導案などをスマートに記録する機能をはじめ、登降園管理やアプリを使った保護者とのコミュニケーション支援機能など、先生の業務負担を大幅に効率化/自動化しながら、保育の質を高める環境づくりの支援をしています。また同時に、AIを使った先生の自動シフト作成機能や、ベビーセンサーなどのIoTデバイスとAPI連携するなど、園内のICT/IoT環境を統合管理できるソリューションを提供しています。
保護者向けの機能としては、専用アプリを通して施設との連絡機能のほかこどもの成長管理や写真アルバム、保育料の支払い支援といったサービスを展開しています。
※1 SaaSとは、ネットワークを通じて顧客にアプリケーションソフトの機能を必要に応じて提供する仕組みのこと

<<お問い合わせ・ご質問等>> 
株式会社コドモン
広報担当 上砂(かみさご)

press@codmon.co.jp
TEL: 03-6459-4318
FAX: 050-3737-7471