コドモン、保育業務支援のSaaSにおいてシェア1位に

0
251 ビュー

★導入施設数★自治体導入施設数★契約自治体数 
3部門にてNO.1

株式会社東京商工リサーチが2020年1月に実施した「保育ICTにおけるSaaS型包括業務支援システムの導入数に関する調査」で、株式会社コドモン(本社:東京都港区、代表取締役:小池義則)の展開するこども施設向けICTシステム「CoDMON」(以下:コドモン)が、3部門においてNO.1の結果となったことをお知らせします。

★導入施設数NO.1

導入施設数NO.1

★自治体導入施設数NO.1

自治体導入施設数NO.1

★契約自治体数NO.1

契約自治体数NO.1

保育園・幼稚園・学童・スクール・小学校などのこども施設にて利用されている、保育ICTにおけるSaaS型業務支援システムの導入数に関する調査において、

導入施設数、自治体導入施設数、契約自治体数においてNO.1

の結果となりました。今後も保育ICT化を推進し、こどもを取り巻く環境をよりよいものにする一助となるべく邁進してまいります。

コドモンが選ばれる理由

コドモンが選ばれる理由

2019年10月に行った導入施設への利用調査アンケートでは、役に立っているとの回答が93.2%と圧倒的な現場職員からの支持を得ました。

また、現場の声に徹底的に寄り添ったきめ細やかな機能改善や、4月リリース予定の保育ドキュメンテーションサービスなど新機能の追加等が評価され、姉妹施設への導入や紹介での導入が進んでいることも大きな要因です。

2019年11月末には導入施設数4,000、2019年12月25日には4,200施設を突破し、今後もさらなる社会課題解決のため、2021年までに10,000園(シェア35%)導入を目指します。

【調査概要】

調査名称:保育ICTにおけるSaaS型包括業務支援システムの導入数に関する調査
調査日:2020年1月6日
調査期間:発売から2019年10⽉末時点

【調査機関】

会社名:株式会社東京商工リサーチ
ホームページ:http://www.tsr-net.co.jp/
事業内容:国内・海外の企業情報およびデータベース・ソリューションの提供

【株式会社コドモン 会社概要】

◆所在地:東京都港区三田3丁目1−4 Net1.三田ビル4F
◆資本金:68,250,000円
◆代表者:代表取締役 小池義則
◆事業内容:保育業務支援システムの開発・提供。2019年12月末時点で、全国約4,200施設、保育士約6万人が利用。全国15の自治体で導入。(ご参考:2019年度 特定地域型保育事業を含む全国保育所数は36,345園)
◆サービスHP:https://www.codmon.com/

【こども施設向けICTシステム「CoDMON」概要】

コドモンは、保育園や幼稚園で働く先生と保護者に対して、こどもたちと向き合うゆとりを持っていただくための各種支援ツールを提供するSaaS※1です。

施設向けの機能として、一元化された園児情報の上で成長記録や指導案などをスマートに記録する機能をはじめ、登降園管理やアプリを使った保護者とのコミュニケーション支援機能など、先生の業務負担を大幅に効率化/自動化しながら、保育の質を高める環境づくりの支援をしています。また同時に、AIを使った先生の自動シフト作成機能や、ベビーセンサーなどのIoTデバイスとAPI連携するなど、園内のICT/IoT環境を統合管理できるソリューションを提供しています。

保護者向けの機能としては、専用アプリを通して施設との連絡機能のほかこどもの成長管理や写真アルバム、保育料の支払い支援といったサービスを展開しています。

※1 SaaSとは、ネットワークを通じて顧客にアプリケーションソフトの機能を必要に応じて提供する仕組みのこと

コドモン画面イメージ
コドモン画面イメージ

【お問い合わせ先】

本件に関するお問い合わせは、下記までお願い申し上げます。
Mail:inquiry_codmon@spine-lab.co.jp
Tel: 050-3184-1989(平日9:00-19:00)
※株式会社コドモン以外の販売元と契約されている施設は販売元までお問い合わせください。

コドモンは今後もみなさまの業務負担を軽減できるよう、引き続き随時機能追加・改善をしてまいります。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。