ホーム プレスリリース

プレスリリース

幼児教育・保育の無償化に関するアンケートを実施しました

幼保無償化により52%が保育者の負担軽減を期待、75%が保育士不足を懸念、47%が対策が済んでいないと回答 10月から施行される幼児教育・保育の無償化に関し、実施2ヶ月前の8月の現状について、コドモンをご利用いただいている施設様および職員方に緊急アンケートを実施いたしました。 【調査結果サマリー】 *幼保無償化が始まるにあたり、期待すること→回答者の52%が「保護者の負担軽減」を期待。また「保育者の処遇改善」も33%の回答者が期待しています。*幼保無償化が始まるにあたり、懸念すること→回答者の75%が「保育者の人材不足の深刻化」という意見。なお、「懸念している点はない」という回答はわずか0.6%でした。*自治体から制度について情報が来ているか→「来ている」が54.8%で約半数、「来ていない」が25.4%という結果でした。*すでに具体的な対策をしているか→「対策が済んでいない」が回答者の47%という結果でした。 【幼児教育・保育の無償化とは】3-5歳児クラスの幼稚園、保育所、認定こども園等の利用料が2019年10月1日より無償になります。→https://www.youhomushouka.go.jp/

こども施設向けICTシステム「コドモン」4周年のご挨拶

いつもこども施設向けICTソフト、コドモンをご利用いただき、誠にありがとうございます。 株式会社コドモン(本社:東京都港区、代表取締役:小池義則)は、当社が展開するこども施設向けICTシステム「CoDMON」(以下:コドモン)が、4周年を迎えたことをお知らせいたします。 こども施設向けICTシステム「コドモン」は2015年に正式リリースされ、無事4周年を迎えました。ひとえにみなさまのご支援の賜物であり、ここに改めて深く感謝申し上げます。 2019年6月末には導入施設数、3,454施設を突破し、日本全国にある保育所・幼稚園・学童などのこども施設34,763施設のうち、約10%の施設での導入が実現しました。また、同4月には47都道府県目である島根県での導入がスタートし、日本全国すべての都道府県でコドモンが導入されています。全国で11を超える自治体の公立保育所にも正式に導入され、さらなるICT化を目指します。 【コドモンの課題解決方法、独自の工夫について】◎とにかくシンプルで使い勝手の良いUI開発にこだわり、現場の先生がタブレットを使い、合間時間で事務作業できるよう工夫を重ねています。◎どのような運営状況の施設でも無理なく継続してご利用いただくための価格設定を行い、幣社内環境の効率化によって事業継続できる体制を構築しています。◎現場の声に丁寧に寄り添いながら月100件以上の改善を重ね、操作画面や機能を改良しています。◎一元管理された園児台帳を起点に各種機能が連動して動作することで、現場での転記の手間を削減し、また指導計画や発達記録、日誌など連動性のある質の高い帳票を作成できる環境を提供しています。◎外部APIを提供することで様々なICT/IoT/AIベンダーが、当サービスをプラットフォームとして、各施設に対しサービス展開できる仕組みを提供しています。

★コドモンが教科書に載りました!

一藝社より出版される「保育相談支援」という教科書に 保育園業務支援システムコドモンが掲載されました! 新たな保育士養成課程においては、〈保護者への支援〉を保育士の重要な役割と位置づけており、このテーマについて多様な側面から記述されたテキストです。 今回ご紹介いただいた機能は【連絡帳】です。コドモンの連絡帳機能は、現在お使いの連絡帳をペーパーレスにデジタル化する事ができます。保護者はご家庭での園児の様子を、選択形式でさっと選んで園に報告することができ、園では、ご家庭での様子や園での様子を踏まえて、保護者に最適なフィードバックを返すことが出来ます。また、文章だけではなく、写真や動画を使って園での様子を伝えることが出来るため、保護者にとってより園内での活動への理解が深まります。 ※手書きの連絡帳を継続して使用する場合は機能をOFFにすることも出来ます。※動画を添付する場合は動画共有サイトの連携が必要になります。 また株式会社コドモンでは、もっと便利にコドモンを使いこなしていただくため、保育者のITスキル向上のためのプログラムも実施しています。プログラム受講希望の保育園・幼稚園・学童さまetcは、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

保育ICTシステムのコドモン、hugmo社の「スマート検温サービス」との連携を発表

保育園・幼稚園・学童・スクール・小学校などのこども施設で働く先生の毎日をサポートするICTシステム「CoDMON(以下コドモン)」を提供する株式会社コドモン(本社:東京都港区、代表取締役社長:小池義則)は、ソフトバンク株式会社の子会社である株式会社hugmo(ハグモー、本社:東京都港区、代表取締役社長:湯浅重数)の提供するIoTサービス「スマート検温サービス」が「コドモン」とデータ連携したことをお知らせします。これにより、「スマート検温サービス」による検温データが、「コドモン」の管理画面上でデータ反映できるようになります。 「コドモン」と「hugmo」のプラットフォームは2019年4月から相互連携を開始し、第1弾としてIoTを活用した昼寝見守りサービス「午睡見守りサービス」を提供してまいりました。今回はその第2弾として「スマート検温サービス」を「コドモン」の管理画面から利用することができるようになります。 hugmoのスマート検温サービスについて スマート体温計 スマート検温サービス イメージ

保育ICTシステムのコドモンキムラタンの園児見守りソリューション「cocolin」との連携を発表

保育園・幼稚園・学童・スクール・小学校などのこども施設で働く先生の毎日をサポートするICTシステム「CoDMON(以下コドモン)」を提供する株式会社コドモン(本社:東京都港区、代表取締役:小池義則)は、株式会社キムラタン(本社:兵庫県神戸市、代表取締役:清川浩志)の提供する国産デバイスの着衣型生体センサーによる園児見守りソリューション「cocolin(ココリン)」と、システム連携することをお知らせします。 この連携により「cocolin」がコドモン管理画面上にて利用可能となります。着心地とデザインにこだわった肌着型のウェアラブルIoTで、一日を通してこどものバイタルデータをモニターできるのが特徴で、わずかな体調の変化を察知することができます。午睡関連では「hugmo」に続き2つ目のシステム連携となります。 「cocolin」の主な内容 cocolinイメージ 1.体調の見守り

コドモン、SKT社の展開する保育システム「EYE-SYSTEM」における商圏を承継

株式会社コドモン(本社:東京都港区、代表取締役:小池義則)は、株式会社SKT(本社:福岡県福岡市、代表取締役:友枝光史郎、以下「SKT社」)が九州エリアで保育ICTシステム「EYE-SYSTEM」を展開していた商圏を承継することになりましたのでお知らせいたします。今後、株式会社コドモンは、同商圏において、順次、株式会社コドモンの展開する「CoDMON」(以下:コドモン) を導入していきます。 商圏承継の内容 かねてよりSKT社では自社ICTシステムの「EYE-SYSTEM」を九州エリアの保育園・幼稚園約60施設に導入しサービスの提供を行っておりました。この度の商圏承継を受けて、今後はコドモンの販売パートナー(コドモン販売代理店)として、同保育園・幼稚園におけるICTシステムについて、順次、「コドモン」への切り換えを行う予定です。昨今、保育者の働き方改革、そしてこどもを取り巻く環境の整備をはじめとした幼稚園・保育園現場における社会的課題の解決に向けて、保育現場へのICT導入推進が望まれています。この度の商圏承継は、両社共同でコドモンの普及を目指すことが、より九州エリアの幼保施設ICT化の推進に資することとなり、社会の発展に繋がるという考えに至り実現したものです。これによりSKT社は、今まで「EYE-SYSTEM」に割り当てていたシステム保守・ユーザーサポート業務の人的リソースを、SKT社の本業である保育園・幼稚園の運営や、保育教材開発へ注力できるようになります。今後も両社は(SKT社は引き続きコドモンの販売パートナーとして)、この度の商圏承継のメリットを活かし、九州エリアの幼保施設ICT化を推進し、社会の発展に向けて協業してまいります。 コドモン画面イメージ 【株式会社コドモン 会社概要】

【お知らせ】保育ICTシステムのコドモン、宮崎市に新たな拠点となるオフィスをオープン

いつもこども施設向けICTソフト、コドモンをご利用いただき、誠にありがとうございます。 保育園・幼稚園・学童・スクール・小学校などのこども施設で働く先生の毎日をサポートするICTシステム「CoDMON(以下コドモン)」を開発・運営する株式会社コドモン(本社:東京都港区、代表取締役社長:小池義則)は、2019年11月1日より、カスタマーサポートチームの新たな拠点として、宮崎オフィス(宮崎県宮崎市吉村町大町甲1990)をオープンすることをお知らせします。 オープンの背景 こども施設向けICTシステム「コドモン」は、2015年のサービススタート以来着実に導入園数を増やし、2019年4月には導入園数3,000園を突破(http://bit.ly/2kVD0a1)、2019年9月現在全国13の自治体で導入済み、3,700園以上の施設に導入されており、今後2021年までに10,000園(シェア35%)導入を目指しています。 今回、導入施設様へのサポート体制を強化し、より安心してICTを導入・運用いただけるよう社内の体制を整えるため、宮崎市に新たな拠点としてコールセンターをオープンします。 宮崎オフィス概要

公立での取組みは茨城県初取手市公立保育所にて保育ICTシステム「コドモン」の運用開始

株式会社コドモン(本社:東京都港区、代表取締役:小池義則)は、取手市の公立保育所において、当社が展開するこども施設向けICTシステム「CoDMON」(以下:コドモン)の運用が開始されることをお知らせいたします。公立での取り組みは茨城県で初となります。 取手市の公立保育所6園にて、コドモンの運用を開始致します。1月にはまず取手市立井野なないろ保育所にて、残りの5園は4月開始予定です。取手市によりますとICT化により、職員の働き方改革や保育士確保、保育の質の向上、さらに保護者の利便性向上を目指すとのことです。 ■井野なないろ保育所内覧会 日時:2019年12月18日 12:30-14:00場所:茨城県取手市井野3-15-1 当日は近隣住民・私立保育園職員等への内覧会を開催し、大勢が見学に訪れました。

★【北信越初!】コドモン導入事例について各メディアに掲載されました

北國新聞と中日新聞オンライン版にて、コドモンが北信越地域の公立園に導入された様子が掲載されました。保育業務ICTサービスの導入は、北信越地域で初めてのこととなります。 コドモンが石川県小松市の全公立園で導入され、保育士の書いた連絡帳を保護者とアプリで共有し、園児の入退室の記録をICカードで管理します。このシステムの導入で、保護者の利便性向上と保育士の業務効率化と業務負担の軽減が期待されています。 今回の導入はコドモン浅野がサポートさせていただきました。 導入をサポートした浅野 「市のご担当者様と、試用期間中には毎日電話やメールでやりとりさせていただき、使い方や疑問点をひとつずつ解決していくことができました。

★BabyTech.jpでコドモンを取り上げていただきました!

BabyTech.jpにてコドモンを取り上げていただきました。 2019年8月22日(木)保育士の業務の4割は書類作成?! 現場の負担を軽減する「CoDMON(コドモン)」https://babytech.jp/2019/08/codmon/
- Advertisement -

LATEST NEWS

MUST READ