★朝日新聞にて、コドモンが茨城県取手市に導入されたことを取り上げていただきました!

朝日新聞地方版紙面・朝日新聞DIGITALのwebニュースで、茨城県取手市での導入について取り上げていただきました。 2019年12月29日(日) 茨城)ICT、保育士の事務軽減 支援システム導入 https://www.asahi.com/articles/ASMDW5TFNMDWUJHB00M.html

札幌市公立保育所にて保育ICTシステム「コドモン」の実証実験が実施決定

株式会社コドモン(本社:東京都港区、代表取締役:小池義則)は、政令指定都市である札幌市の公立保育所において、当社が展開するこども施設向けICTシステム「CoDMON」(以下:コドモン)の実証実験を実施することをお知らせいたします。 1月14日火曜日より、札幌市立認定こども園「にじいろ」(札幌市清田区真栄2条1丁目11-20)にて、コドモンの実証実験を実施予定です。 政令指定都市の公立保育所においては全国2例目であり(1例目は神戸市で、正式導入済み)、札幌市によりますと、実際の保育現場において使用することにより、職員の働き方改革や保育士の負担軽減および業務効率化、またそれに伴う保育・行政サービスの質向上といったICT化の効果を検証するとのことです。 来年度以降は、導入施設の拡大に向けた検討を進めていく見込みです。 コドモン自治体実証実験用プログラムとは 公立保育所でのICT導入をご検討の自治体について、最大1年間コドモンの全機能を無料で使用できるプログラムです。試用期間終了後、施設職員および保護者双方にアンケートを実施し、今後のICT導入の是非をはじめ、プロポーザル / 入札時の募集要項や必要機能の選定にご活用いただけます。

コドモン、保育業務支援のSaaSにおいてシェア1位に

★導入施設数★自治体導入施設数★契約自治体数 3部門にてNO.1 株式会社東京商工リサーチが2020年1月に実施した「保育ICTにおけるSaaS型包括業務支援システムの導入数に関する調査」で、株式会社コドモン(本社:東京都港区、代表取締役:小池義則)の展開するこども施設向けICTシステム「CoDMON」(以下:コドモン)が、3部門においてNO.1の結果となったことをお知らせします。 ★導入施設数NO.1 ★自治体導入施設数NO.1

川口市公設公営保育所にて保育ICTシステム「コドモン」の実証実験が実施決定

株式会社コドモン(本社:東京都港区、代表取締役:小池義則)は、川口市の公設公営保育所において、当社が展開するこども施設向けICTシステム「CoDMON」(以下:コドモン)の実証実験を実施することをお知らせいたします。 川口市の公設公営保育所2園にて、1月よりコドモンの実証実験を実施予定です。川口市によりますと、実際の保育現場において使用することにより、職員の働き方改革や保育の質の向上といったICT化の効果を検証し、来年度以降に公設公営保育所全園(27園)での導入も視野に入れ検討していく見込みです。 コドモン自治体実証実験用プログラムとは 公立保育所でのICT導入をご検討の自治体について、最大1年間コドモンの全機能を無料で使用できるプログラムです。試用期間終了後、施設職員および保護者双方にアンケートを実施し、今後のICT導入の是非をはじめ、プロポーザル / 入札時の募集要項や必要機能の選定にご活用いただけます。 【川口市におけるコドモン導入機能(抜粋)】

★日経電子版にて、コドモンを取り上げていただきました!

日経電子版にて、コドモンとうるるの業務提携について取り上げていただきました。 2019年12月20日(金)うるる、コドモンと写真サービスで提携

★NHK 首都圏ネットワークでとりあげていただきました!

NHK 首都圏ネットワークで取り上げていただきました。 茨城県取手市の 「市立井野なないろ保育所」 にて、保育士の負担を軽減する取組みとしてコドモンを取り上げていただきました。ウェブで映像もご覧いただけます! 2019年12月18日(水) NHK首都圏 NEWS WEB 最新技術で負担軽減 保育所完成 NHK茨城 NEWS WEB 情報通信や災害に対応 新保育所

公立での取組みは茨城県初取手市公立保育所にて保育ICTシステム「コドモン」の運用開始

株式会社コドモン(本社:東京都港区、代表取締役:小池義則)は、取手市の公立保育所において、当社が展開するこども施設向けICTシステム「CoDMON」(以下:コドモン)の運用が開始されることをお知らせいたします。公立での取り組みは茨城県で初となります。 取手市の公立保育所6園にて、コドモンの運用を開始致します。1月にはまず取手市立井野なないろ保育所にて、残りの5園は4月開始予定です。取手市によりますとICT化により、職員の働き方改革や保育士確保、保育の質の向上、さらに保護者の利便性向上を目指すとのことです。 ■井野なないろ保育所内覧会 日時:2019年12月18日 12:30-14:00場所:茨城県取手市井野3-15-1 当日は近隣住民・私立保育園職員等への内覧会を開催し、大勢が見学に訪れました。

コドモン、えんフォトと業務提携第一弾としてオンライン写真販売サービスでのカメラマン派遣を共同で実施

~両社で業界最大規模の保育・幼稚園数をカバー ICT化を推進~ 株式会社コドモン(本社:東京都港区、代表取締役:小池義則)は、2019年12月17日付で、えんフォトを提供する株式会社うるる(本社:東京都中央区、代表取締役社長:星知也)と業務提携し、写真販売サービスの機能拡充を行うことをお知らせいたします。株式会社コドモン(本社:東京都港区、代表取締役:小池義則)は、2019年12月17日付で、えんフォトを提供する株式会社うるる(本社:東京都中央区、代表取締役社長:星知也)と業務提携し、写真販売サービスの機能拡充を行うことをお知らせいたします。 業務提携の第一弾として、えんフォトを提供する株式会社うるるの協力の下、プロカメラマンが施設の行事に赴き撮影する、カメラマン派遣サービスが実現します。さらに、今後えんフォトで開発される新サービスも、コドモン上で使用できるように連携を進める予定です。双方の園向けサービス利用促進など、両者の連携を強化し、保育・教育業界のICT化をさらに加速させます。今後は両社合わせ、全国の約7,000施設、約40万人の園児 / 児童(2019年12月時点)を対象に、より良いサービスを提供してまいります。 (連携イメージ図)

「保育ドキュメンテーション」についてアンケートを実施87.3%が実施及び実施検討中と回答

コドモンを導入している保育園・幼稚園などのこども施設にて、保育ドキュメンテーションについて、職員にアンケートを実施いたしました。 【保育ドキュメンテーションとは】 「保育ドキュメンテーション」とは、こどもが活動に夢中になっている瞬間をとらえて写真とコメントで記録するもので、「こども主体の保育」を実現するうえで有効な手法として近年注目されています。(ポートフォリオやラーニングストーリーとも言います)保育ドキュメンテーションを活用することで、保育者・保護者・こども、それぞれに対話を生み出し、こどもの世界を拡げて学びを豊かにすることができます。 保育ドキュメンテーションとは 【調査結果サマリー】

こども施設向けICTシステム「CoDMON(コドモン)」 導入施設数4,000を突破

株式会社コドモン(本社:東京都港区、代表取締役:小池義則)は、当社が展開するこども施設向けICTシステム「CoDMON」(以下:コドモン)の導入施設数が、2019年11月27日(水曜日)に4,000施設を突破したことをお知らせいたします。 本サービスは2015年に正式リリースされ、2016年には約500、2017年には約1,500、2019年4月には全国約3,000以上の施設で順調に導入数を増やし、日本全国にある保育所等36,345園のうち約11%の施設で導入が実現しました。自治体は、全国15カ所※1で導入が決定しています。 ※1 小松市、渋谷区、知多市、能美市、奄美市、金武町、港区、泉南郡田尻町、藤枝市、豊岡市、取手市、神戸市、富山市、府中市、島本町 コドモンが選ばれる理由 10月に行った利用調査アンケートでは、役に立っているとの回答が93.2%と圧倒的な現場職員からの支持を得ました。また、現場の声に徹底的に寄り添ったきめ細やかな機能改善や、4月リリース予定の保育ドキュメンテーションサービスなど新機能の追加等が評価され、姉妹施設への導入や紹介での導入が進んでいることも大きな要因です。
- Advertisement -

LATEST NEWS

MUST READ